上郡民報について

兵庫県南部最西端、人口約17,000人の上郡町で、神戸・毎日・産経・日経新聞を扱う「山本新聞店」が地域のニュースを補うために、タブロイド4ページの月刊(12月・1月は合併号、年間11回)で発行しています。発行部数3,800部。

1974年(昭和49年)3月、前所長の故・山本修が「上郡の方に地元のニュースをもっと詳しく」と創刊しました。以来、一度も休刊することなく発行を続けています。変化しないものの中にある大事なもの、人や自然の温もり、元気を、地元・上郡町のなかから見つけ出して報道したいと思っています。



                             

主な事柄
 1983年(昭和58年)12月、千種川流域の近隣市町の活性化に役立ちたいと、有志で企画集団G.T.を立ち上げて情報誌「ぐりーんがいど ちくさ川」を編集、発行。

 1990年(平成2年)には、上郡民報200号記念として上郡町なんでも百科「ザ・かみごおり」を発刊。

 幕末から明治に活躍した上郡町出身の「大鳥圭介」を町民に広く知ってもらおうと漫画「幕末風雲児 大鳥圭介伝 けいすけじゃ」(半沢裕人著)を1993年(平成5年)4月から1999年(平成11年)11月まで64回にわたって上郡民報に掲載。

 この漫画は上郡町役場によって冊子にされ、2008年(平成20年)3月、上郡町が開催した「大鳥圭介公を語るフォーラム」にて参加者に資料として配布された。

  (
 2011年(平成23年)に大鳥圭介没後100年を迎えるにあたり、その人柄や多くの功績を広めようと、上郡町役場がこの漫画を原作としたアニメ「けいすけじゃ」を町民ボランティアらの手で制作した。)

 
2010年、「日本新聞協会 地域貢献大賞」を受賞。

  2014年3月、創刊40周年を迎える。